プレイバック:Playback

大会プレイバック

DCC4

暴 vs アズワン
Vol.21 [2011.05.10]
強力な無敵技を持つデミトリだが、それに対抗する手段を多く持つオルバスには一筋縄ではいかない。名古屋を代表するテクニシャン「アズワン」と、関西の泡師「暴」こと「bow」の因縁の対決に注目。

対戦前の印象
チームとしては僕と「あつたさん」でカナリ名古屋チームを研究してたのでどちらが出ても構わない感じでした。僕は「アズワン/デミトリ」と「あつたさん」は「ホソカワさん」と浅からぬ因縁があったので、当たり方としては良かったのかなと思います。個人的には「アズワン」は昔からのライバルですね。僕が関西を出て初遠征したのが名古屋で、初めて対戦した相手が名古屋で新規だった「アズワン」でした。昔から顔を合わせるたびに勝敗が変わってて、お互いの成長を確認しあえる良い相手だと思ってます。そんな「アズワン」が先鋒だったので気合が入りましたが逆にかなり入れ込んでカタい動きになっちゃいましたね。「アズワン」はテクニックなら全一クラスの上手さを持ってると思います。GCやプレジャーの入力速度がずば抜けて上手い。なので、普通の人ならガードで安定しようと思うような場面でもデモンで狩ってきたりする。本当に厄介なプレイヤーです。
客観的なキャラ差と個人的な得意不得意
キャラ差で言うとオルバスが6:4くらいで有利ですね。キャラ勝ちしてる大きな要素はGCを潰せる技が豊富で潰したときのリターンが大きいところ。GCがスカる小足に、強制拘束の毒・音波、タイミングをズラせるプギャー(J中レバー下要素+大K)等。そして見逃せないのがオルバスの牽制に対してデミトリの有効手段が乏しいことですね。オルバスは体力が勝ってようが負けてようが試合を作れる。デミトリは体力リードをされると途端に苦しい試合展開になります。そして最大の要因は泡ハメへの対処がかなり厳しいところですね。
見所とキーポイント
対戦自体はお互いガチガチだったと思います。正直お互い泥沼の中で残り10秒までもつれた感じで見所と言われても…って感じですねw そんな中で僕は投げをキーポイントに考えてました。「アズワン」は昇竜やGCが通り始めると手が付けられなくなるところがあります。なので逆に昇竜を通させずに相手のリズムを壊したいな、と思いました。
勝因
相手の投げに対する対応が遅れたことかな。個人的にうまく崩せたのはそこだけだと思ってます。あえて勝因を言うと最後の「アズワン」のダッシュの距離を見て(半ば人読みですが)チェーンを入れれたところですね。一度も泡ハメのシチュエーションを作れなかったし本当にどっちが勝ってもおかしくない内容でした。大会は一発勝負なのでどうしてもメンタルに左右される場面が増えちゃいますよね。お互い凄くきつかったんだろうなと思います。この大会は2on2だったんでパートナーの「あつたさん」のコーチングでかなり助けられましたね。一瞬の判断が必要な起き上がりの方向や攻めの継続を悩むときに声を出してもらえたのも勝因の一つだと思います。
総括
お互い名古屋と関西の一介の新規プレイヤーだったのに、いつの間にかそれぞれのキャラの顔役の一人みたいになってきて感慨深いものもあります。セイヴァーを続けて遊べるうちはコイツにだけは負けないぞって気持ちを持って、また対戦できたらいいなと思いますね。

対戦前の印象
会うたびにお互いの成長を見せ合うような関係(勝手に思ってる)。浅からぬ因縁がある相手なので(勝手に思ってる)、悔いのないような一戦にしたかったです。
客観的なキャラ差と個人的な得意不得意
デミトリの強みである飛びやデモンが機能しずらいのは困りもの。立中K対空が相手のジャンプ小Kに負けるのも意識の中で地味に痛いポイントです。逆に泡ハメに対する耐性と荒らし要素、バットスピンによるローリスクな逃げの選択肢があるのはデミトリの強みです。体力リードしてしまえばのらりくらりと逃げまわれるのでそういう展開にもっていきたいところですが…。個人的にはスタイル的に気持ちよくなれない組み合わせなんで苦手です。
見所とキーポイント
泡ハメが怖いので画面端を極力背負わないようにバットスピンで逃げることを念頭に。以前対戦したときに、デミトリ戦をやってるだけあって間合い管理が惚れるレベルで洗練されていたので、少しでも調整を狂わせようと前進してプレッシャーをかけようとしています。その成果があったか飛びを成立させる回数が増えていて、展開的には理想に近いのですが、ジャンプ攻撃のタイミングに変化をくわえられなかったのはいただけないですのう。終盤に画面端に追いつめることができたのですが、DFを警戒して攻めきれずに逃がしてしまったのが今回のキーポイントではないでしょうか。誘ったつもりが逆に誘われていたというね…もうね…
敗因
飛びの成立回数を増やせているのに肝心のダメージを奪えないとはお粗末…。ここで期待値どおりに稼げていればあるいは。最後のお願い2択も返されて今回はもう言うことなしです、はい。
総括
あらためて観てみるとダッシュからの2択はずしまくってるじゃん!!どうやらこの日は2択の神に嫌われていたようだ。しゃーない。これは負けてもしゃーない。…んなこたーない!!悔しいです!!めっちゃ悔しいです!!「bowさん」とはまた大会で戦いたいですね。良きライバルとして次回はぜひともリベンジしたいところです。といったところで総括とさせていただきます。ありがとうございました!
全試合が収録されたDVDはこちらからご購入いただけます
  • 商品内容:DVD4枚組み(HUNTER 1枚、SAVIOR 3枚)
  • 収録試合数:HUNTER 49試合、SAVIOR 119試合
  • 収録時間:HUNTER 約85分、SAVIOR 約180分
このページの先頭へ